インプラント治療

最新技術の人工歯根

人工歯根を用いた噛み合わせの再生

インプラント(人工歯根)は顎骨にチタン製の金属を設置し、人工的に歯の根っこを作るものです。その上に歯の冠を設置すれば、あたかも歯が再生したかのように見えますし、それに近い機能を回復できます。

あるいは、入れ歯の土台として利用することで、かんたんに外れない、強く咬んでも痛みの出ない義歯を作ることもできます。.25倍もの拡大視野で治療を行うことができる顕微鏡です。

インプラントの構成

インプラントはしっかりした治療計画と、患者さんの利点・欠点への理解があれば非常に便利な治療方法です。当クリニックでは、患者さんとドクターがしっかりと相談し、治療方針へのご理解を頂いた上でインプラント治療を行います。

インプラントの利点・欠点と限界

インプラントは便利な”道具”です。

インプラントの利点

  • 噛み合わせの強い支えになる
  • 自分の歯を削らずに噛み合わせを作れる
  • 自分の歯の負担を減らすことができる

インプラントの欠点

  • 自費治療で費用がかかる
  • 完成にやや時間がかかる
  • そもそもインプラントを設置する骨の厚みが必要

そして、インプラントは万能ではありません。人工の”道具”ですから、永久に壊れない保証はありませんし、お手入れをしないと不具合が出ます。”使い方”も考えていただく必要があります。

当クリニックでは、「どのくらいもちますか?」とのご質問に、「患者さんの意識次第です。お手入れして頂けるほど長持ちしますし、長く使っていただくつもりで私たちも治療します。」とお答えしております。

ご自身が歯を失った理由は何でしょう?虫歯でも、歯槽膿漏でも、そうなった原因があります。インプラントも歯周病(インプラント周囲炎)になります。同じ扱いでは、今度はインプラントを失うことになります。

元のご自分の歯とまったく同じものができる訳でもありません。それでも、歯のなかったところにインプラントができたり、入れ歯からインプラントにできると、とても喜んでいただけます。

これまで何本ものインプラント処置を行ってきて、「やってよかった!」と言っていただける瞬間は本当にうれしいものです。せっかくインプラント治療を選択して頂くのならば、きれいな状態を長く、できればずっと保っていただきたいと願います。

※インプラント処置に際する指示・注意にご同意いただけない場合、処置をお断りすることがあります。できるかぎり成功率を上げたいからです。

治療の種類(インプラント)

インプラント本体には保証5年、インプラント上の冠と義歯には保証1年がつきます(当院指定の定期メンテナンスを受けていただいている患者さんに限ります)。

相談料
¥0
CT撮影料
¥16,200(税込)
CT診断料
¥0

通常インプラント手術

本体・手術料
¥229,000(税込)/本

特に問題のない場合の通常のインプラント手術です。インプラントは日本のGC社製で、国内工場で生産されているものを使用します。GC社製を使用する理由は、まず国産のインプラントであること。そして国産インプラントでISO(国際標準化機構)の厳しい基準に準拠した日本国内工場で産生されていることです。

GC社製インプラント(日本)

工場内の製造環境はクラス10,000の高レベルの清浄度水準を確保。また、品質要求度が高いインプラント、メンブレンなどの製品の無菌性保証水準をクリアすべく検査では滅菌バリデーション(ISO11137)の厳しい基準(1,000,000分)に従い無菌性を保証しています。(GC社のHPより抜粋)

複雑インプラント手術(抜歯即時)

本体・手術料
¥269,000(税込)/本

抜歯即時では保存不可能な歯を抜歯と同時にインプラント手術を行います。抜歯待時では抜歯後に感染部が治癒するまで約2週間待ち、インプラント手術をします。抜歯後の骨がある程度治るまでには約6ヶ月ほどかかり、それからインプラント手術をすると期間がかなり長くなります。さらに骨も吸収が起こり、インプラント処置に不利になることがあります。

使用するインプラントはZimmer社製のスプラインHAインプラントです。HAインプラントは欧米人と比較して骨格が華奢なアジア人向けに開発された経緯があります。抜歯後などの条件の良くない場合に効果的だと考えます。Zimmer社のインプラントを使用する理由は、HA(ハイドロキシアパタイト)コーティングの質が良いことです。さらに日本国内での臨床実績が豊富で、実際に使用した症例でも良好な結果をえられているからです。

Zimmer社スプラインHAインプラント(アメリカ)

結晶率97%を誇るHA(ハイドロキシアパタイト)がフィクスチャー全面にコーティングされたスプラインHAインプラントは、骨とインプラントの界面に骨形成のマトリックスとなるカルシウムブリッジを形成し、高い骨伝導能を発揮して強固に骨と結合するとともにインプラント周囲骨を保存します。インプラントにコーティングされたHAの命は、その結晶構造にあります。MP-1は、結晶構造を有したHAでのコーティングを実現したzimmer社のコーティング技術です。(白鳳社HPより抜粋)

複雑インプラント手術(骨造成)

本体・手術料
¥269,000(税込)/本

上顎の奥歯でインプラントを設置する骨の厚みが足りない場合に行う処置(ソケットリフト)や、骨の幅が足りない場合の処置(スプリットクレスト、リッジエキスパンジョン)などの高度な処置を含む場合です。

インプラント上部構造

ジルコニアセラミック
¥89,000(税込)

美しさ、強度、清潔さのバランスが良く、第一選択としています。

※銀歯の手前がインプラントです。抜歯待時埋入後、3ヶ月で上部構造セットでした。
上がジルコニア製アバットメントをセットし、下がセラミック上部構造をセットしたところです。

※上部構造は人工物で消耗品です。個人差がありますが、摩耗・咬耗などで将来的に作り替えが必要になるときが来ます。

インプラント上義歯(オーバーデンチャー)

金属床義歯
¥324,000(税込)

インプラントを支えにして義歯を安定させます。咬み心地ががっちりとし、義歯のがたつきや、意図しないときに外れることがありません。また、失われた歯肉を自然に再現するには義歯を利用する必要があります。

比較的少数のインプラント本数で利用できます。従来の義歯の使い心地に満足できない場合にご検討ください。

アタッチメント
¥39,000(税込)/個

インプラントと義歯を連結する装置がアタッチメントです。ボタン型やマグネット型などの種類があります。診断に基づいて最適なアタッチメントを選択します。

インプラントの費用

インプラント手術料 + CT撮影料 + 上部構造料 = 費用
※二次手術・材料費等はインプラント手術料に含まれます。

インプラント手術後は定期的なメインテナンスが必ず必要です。保証外の修理、作り替えも、定期メンテナンスを受けていただいている患者さんは割引料金にて承ります。