滅菌ルーム完全リニューアル

滅菌ルームを完全リニューアルいたしました!

コンセプトは「ヨーロッパ基準の感染対策」

ヨーロッパは日本よりも衛生基準が非常に厳しいです。

医院のスタッフを守るための法律や、患者さんを守る法律が頻繁に改定されているそうです。

にじの森歯科クリニックでは、新型コロナ感染症が流行する以前から、この事実を重く受け止め、医院のシステムをリニューアルする計画を立ててきました。

令和3年5月、ついに「ステリライゼーションルーム」を開設しました。

ステリライゼーションルーム(滅菌ルーム)の設立

ステリライゼーションルームというのは、治療器具を正しく洗浄・殺菌するための専用室です。

ドイツのRKI(ロベルトコッホ研究所)に準拠した空間要件を満たすよう設計しました。

写真のように色で汚染区域(赤)、洗浄区域(黄)、滅菌区域(緑)とカラーゾーニングを行いました。

作業工程は赤→黄→緑への一方通行がルールです。

清潔な空間で、治療器具を確実に消毒処理を進めることができる環境です。

ヨーロッパ基準を合格した機器

治療器具はヨーロッパの厳しい規格(EN13060)を合格した設備で処理されます。

まず、赤のゾーンに使用済み器具が届きます。

器具の運搬も、感染拡大しないように専用コンテナとカートを使用します。

器具は血液付着のあり・なしに分別されます。

器具は手洗いで処理することはありません。

こまかな治療器具は、特別に超音波洗浄機で処理します。

次に黄ゾーンの自動洗浄機(ウォッシャーディスインフェクター)「ドイツ MELAG社 メラサーム10」に投入されます。

専用の消毒液を90℃の熱水にして、さらに高圧洗浄します(国際規格ISO15883準拠)。

右のほうに治療用のハンドピースが立ててありますが、これらの内部にまで高圧洗浄をかけます。

手洗い洗浄では不可能な部分にまで徹底した洗浄・消毒が行われます。

洗浄を終えた機材は、適切な滅菌パックに包装されます。

パックするシーラーも、しっかりとシールできる「ドイツ MELAG社 メラシール100+DX」を用います。

通常の業務用シーラーでは、次に紹介するクラスB滅菌機の圧力に耐えられません。

左はハンドピースに自動注油する「ドイツ KAVO社 クアトロケアプラス」です。

高品質に洗浄、パッキングされた機材は滅菌工程へ進みます。

滅菌機(オートクレーブ)はクラス分け(ヨーロッパ規格 EN13060)されており、機材に応じた滅菌機へ投入します。

左はクラスN滅菌機「日本 湯山製作所 全自動高圧蒸気滅菌機」です。

パッキングされていない、単純な構造の器材のみを滅菌します。

一般的な医科・歯科の診療所で使用されているモデルです。

クラスNは高温高圧になるだけなので、精密機械は焼付いたり、洗浄が不十分だと逆に汚れが固着します。(実際に機材がだんだんと焦げて変色してきます)

リニューアル後は限定的な使用になりました

右がクラスB滅菌機「ドイツ MELAG社 バキュクレーブ31+」です。

パッキングされた機材、ハンドピースなど中空で複雑な構造の機器、外科器具等あらゆる機材を高度に滅菌します。

クラスBは、工程の中で真空状態を作り出し、高温蒸気を高圧で機材内部に送り込むことで滅菌をかけます。この加圧・減圧が複数回繰り返されます。

こちらがクラスS滅菌機「ドイツ MELAG社 メラクイック12+」です。

パッキングした器材やハンドピースを短時間で高度に滅菌できます。

MELAG社の滅菌機はすべて特別な浄水器を経由して給水されており、コンピュータで自動水質監視が行われています。

スタッフへの専門知識教育

器具再生に必要な「洗浄 → 消毒 → 滅菌 → 保管」が適切に行われるようになりました。

作業を行うスタッフには、繰り返し研修を行いました。

新たに看護師も加わりました

機械が正しく作動していることを確認し保証する「バリデーション」も必ず行っています。

設備をつかう人間の知識・能力は必ず確保されなければなりません。

スタッフは専任とし、滅菌業務のみに集中します。

またこれまで通り、洗浄・滅菌できない器具、歯ブラシなどは使い捨てとしています。

県内屈指の感染対策を備える歯科医院となりました。

患者さんには伝わりづらい分野ですが、医療機関としてとても重要なリニューアルになりました。

にじの森歯科クリニックは、患者さんに安全な衛生環境を整えています!