咬み合わせ治療

咬み合わせ、顎関節、筋肉、姿勢、生活習慣を包括的に治療

正しい咬み合わせとは

正しい咬み合わせの位置について、いろんな定義や考え方があります。にじの森歯科クリニックでの正しい咬み合わせの考え方は、「無理なく上下の歯が咬み合い、筋肉と関節に不自然な緊張がなく、痛み等の不快症状がないこと」というスタンスです。

咬み合わせ不正の弊害

咬み合わせの治療が必要になるのは、咬み合わせの不正によって何らかの悪い症状が体に出ているときです。

  • 顎が痛い、ガクガクする。
  • 知覚過敏、歯髄炎(虫歯等で歯の神経が炎症を起こした状態)様の症状がある。
  • 頭痛がする、万年肩こりがひどい、腰痛がひどい、体軸が歪んでいる。
  • 歯の外傷を示すレントゲン上の骨の吸収が見られる。
  • 過度な歯の摩耗が見られる、歯が破折する など…

咬み合わせ治療のステップ

治療の必要性を判断

まず、治療が必要かどうかを判断します。不快症状がなければ治療の必要はないことがあります(将来明らかに悪影響を及ぼすと判断できる物は除く)

また、簡単な咬み合わせの調整だけで済むこともありますし、スプリント(マウスピースのような治療器具、保険治療対応)などの保存治療で対応可能なことも多くあります。

正しい位置とズレの診断

本来あるべき顎の正しい位置を探り、そこからどの程度ずれているのかを診断します。顎関節のレントゲンと写真撮影、模型診断を行います。

咬み合わせを診断する咬合器

原因の考察

そこから、咬み合わせが本来あるべき位置とは異なる原因を考えます。

  • 歯が欠損した状態を長期間放置している(過去に放置していたことがある)
  • 奥歯を中心に虫歯治療を繰り返しており、銀歯等の被せものが多い
  • 頬づえ、片側咬み癖などの悪習癖がある
  • 歯周病で歯が動いてしまっている など…

治療計画

原因を特定したら、治療計画を立て、患者さんとの相談をします。とりあえず痛みが取れれば良いのか、再発しないように本格治療を希望されるのか、ご希望に合わせて相談します。

治療開始

治療計画に同意が得られたら、まずは原因の除去を行います。それと同時、あるいは原因の除去後に模型診断を基にした正しいと思われる咬み合わせの位置を、仮歯を使って再現します。

仮歯の調整や作り替えで微調整を行い、最終的に体が受け入れてくれる位置を模索します。仮歯による咬み合わせの安定が得られ、症状の改善が認められれば、あとはその状態を最終的な被せもの等に反映して完成していきます。

咬み合わせ治療の注意点とお約束

咬み合わせの治療は歯並びを大きく治療したり、治療期間が長くなることがあります。また診断、治療に通常より多くの手間と時間、材料費等のコストがかかるため、保険治療の範疇におさまらないことがあり(治療材料の選択肢の幅を広げるためにも)、自費治療になることがあります。

治療前に治療方針の相談と、お見積もりを提示いたします。